馬券へのアプローチについて

当サイト「うま寝てす」では、ラップタイムにより、

「スピード」「スタミナ」「パワー」の3つのベクトルを「1~9」の値で、

数値化することにより、ラップの見える化しました。

この3つの適性により、激走馬を指名するというコンセプトです。

この3つの適正は、ラップタイム以外でも取り上げられるベクトルであり、

血統、馬体、フットワークなどでも、この適正を判断する馬券術も多くあります。

しかし、私は昔から血統はかなり勉強しましたが、

馬券で不調になったときは血統で馬券を買っている時でした。

例えば、雨が降って馬場が重くなり、ノーザン系を買って外す。

そんな経験は皆さんはありませんか?

馬体にしても斜尻、飛節など、フォトパドックなどで確認しても、

個人的には自信をもっての判断はできません。

実際にレースを走っている訳ですから、レースから判断するのが一番正当だと

思っています。

もちろん血統や馬体、フットワークなどおろそかにせず、

多角的にアプローチしていくことで、競走馬の輪郭が掴めてくる

と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました