フィエールマン 適性分析

天皇賞・春で1番人気が確実なフィエールマンの適正を分析します。

  フィエールマン                            
レース名 距離 スピード スタミナ パワー R 通過順位 上り タイム 馬体重 単勝 斤量 騎手
2019 天皇賞(春)GⅠ 3200 牡4 1 7 2.5 5.5 119 ⑦⑤④① 34.5 03:15.00 480(0) 2.8 58 Cルメー
2018 菊花賞GⅠ 3200 牡3 1 9 1 5 117 ⑦⑦⑤⑥ 33.9 03:06.10 480(+4) 14.5 57 Cルメー
2019 アメリカジョッキークラブCGⅡ 3200 牡4 2 7 2 6 117 ⑥⑥⑥⑥ 34.0 02:13.70 480(0) 1.7 57 Cルメー
2019 札幌記念GⅡ 3200 牡4 3 4 6 5 117 ⑨⑨⑩⑨ 34.9 02:00.30 480(0) 2.3 57 Cルメー
2019 有馬記念(グランプリ)GⅠ 3200 牡4 4 1 6 8 117 ⑩⑩⑨④ 36.0 02:31.60 482(—) 18.4 57 池添謙一

好パフォーマンスを示したのが、

2019天皇賞・春と菊花賞。

アメリカジョッキークラブCは連対を確保している。

好走したレースはスピード値が7以上でパワー値が5以上でありスタミナが3以下です。

また、連対の確保が出来なかったレースをみると、スピード値が4以下、スタミナ値が6以上です。

スタミナが要求される凱旋門賞で全く走れなかったのも頷けます。

しかし、札幌記念も有馬記念も、それなりのパフォーマンスは見せており、スタミナ値の低さを位置取りによって上手くカバーしている。

ルメール騎手は競走馬の適正を把握しており、今年の天皇賞・春も良馬場なら最有力となりそうです。

しかし、雨が降るようなら私は疑ってみます。


中央競馬ランキング

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました