天皇賞(春)2020 過去レース分析

2019天皇賞(春)GⅠ
馬  名R通過順位上りタイム馬体重
1フィエールマン牡4119⑦⑤④①34.503:15.00480(0)
2グローリーヴェイズ牡4118⑨⑧⑦②34.403:15.00456(+2)
3パフォーマプロミス牡7112⑥⑤④⑤35.203:16.00452(-8)
4エタリオウ牡4112⑬⑬⑨⑤35.203:16.00472(+6)

2018天皇賞(春)GⅠ
馬  名R通過順位上りタイム馬体重
1レインボーライン牡5118⑩⑩⑪⑪35.203:16.20452(-2)
2シュヴァルグラン牡6117④③②②35.803:16.20474(+4)
3クリンチャー牡4116⑦⑦④③35.703:16.30488(+2)
4ミッキーロケット牡5115⑦⑦⑪⑧35.503:16.40480(-8)

2017天皇賞(春)GⅠ
馬  名R通過順位上りタイム馬体重
1キタサンブラック牡5121②②②①35.303:12.50536(-4)
2シュヴァルグラン牡5119⑤⑤④③35.203:12.70468(-6)
3サトノダイヤモンド牡4119⑦⑦⑦⑤35.003:12.70506(0)
4アドマイヤデウス牡6118③③④③35.203:12.80490(+4)

過去傾向

スピード値は7~4が記録されているが、

2018年はイレギュラーでハイペースとなり、スピード値が求められなかった。

基本的には高いレベルのスピードが求められる。

脚質的には先行よりも、捲れる脚質が合っており、

ロングスパートできるタイプを狙いたい

個人的にはキセキは人気ほど信頼していない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました