天皇賞・春 予想

レース想定

まず、土曜の馬場について先週の馬場よりも明らかに軽いように感じます。芝刈りでGⅠ仕様にしてきたと考えられ、先週までの馬場傾向で馬券は買えません。

週中の過去ラップ分析を踏まえて考えると、想定のラップ分析値は次のようになります。

スピード値が高く求められることが予想されますのでスピード値に適性が振れている競走馬を買わなくてはいけません。

フィエールマンについて

去年の覇者であるフィエールマンは最有力だと考えられます。

連対時のラップ分析値は下記となります。

唯一の不安点だった雨による馬場の悪化も大丈夫そうですし、堅軸と言えるでしょう。

ユーキャンスマイルについて

週中では評価を下げようと考えていましたが、馬場の高速化で評価を上げます。

好走時のラップ分析値は下記となります。

ラップ分析値としては、ピッタシといった感じです。

条件的には買いですが、浜中騎手への乗り替わりをどう捉えるかといったところでしょう。個人的には本命候補。

ミッキースワローについて

馬場が重くて外差し馬場なら本命も考えましたが、高速馬場化で評価を下げます。

馬券内のラップ分析値は下記となります。

基本的にはスピード値が低く、かつパワーが求められるときにパフォーマンスを発揮します。オールカマーでスピード値9で好走していますが、これはあまりにもスローだったため、パワーでスピードを補えたと解釈しています。今回もドスローになれば可能性はありますが、条件が結構付くためあまり買いたくありません。

結論

本命馬はこの馬 → 
中央競馬ランキング

馬場が高速化したことによって条件ベスト。

穴狙いにするとエタリオウ、トーセンカンビーン、シルヴァンシャーなどになりそうですが、穴人気しているため人気サイドから1~2点で仕留めるレースだと思います。

予想
chottをフォローする
こちら中央競馬ラップタイム研究所 うま寝てす

コメント

タイトルとURLをコピーしました