マーメイドS 予想 2020年

まず、過去5年のラップタイム分析値は下記となります。

スピードスタミナパワー
2019663
2018834
2017933
2016735
201583.53.5

例年傾向で行けばスピードとパワーが求められるのですが、今年は雨の影響で重馬場以上の悪化が見込めるため、参考にはあまり参考にはなりません。

想定のラップタイム分析値は下記となり、

スピードが全く求められず、スタミナとパワーが求められると想定します。

土曜日の傾向として、ハイペースでもインの先行馬が残り、差し馬もイン差しが来ていました。強烈なイン馬場有利なバイアスが発生しているように見えました。

以上より、テンの速さと、スタミナとパワーを重視して馬券を買いたいと思います。

◎リープフラウミルヒ

前走の福島牝馬Sでは先行して、勝ち馬のフェアリーポルカには3/4馬身離されたが、3着ランドネには1馬身1/4差をつけていて、レーティング103を記録しており、このメンバーであれば威張れる内容。

〇リュヌルージュ

前々走の中山牝馬Sでは、外枠から先手を取りにいき、勝ち馬フェアリーポルカにかわされて2着。レーティングは95で少し物足りない。

しかし、枠に恵まれたし、テンの速さ、スタミナとパワーも完備で条件ベストといえる。

▲ナルハヤ

3勝はすべて道悪でのもので、この馬にとっては恵みの雨。枠に恵まれたし、テンの速さ、スタミナとパワーも完備で条件ベストといえる。


最強競馬ブログランキングへ

予想
あすともをフォローする
こちら中央競馬ラップタイム研究所 うま寝てす

コメント

タイトルとURLをコピーしました