神戸新聞杯 回顧

コントレイルがラスト馬なりの楽勝でしたね。

菊花賞のためにも、簡単に回顧しておきたいと思います。

2020神戸新聞杯GⅡ
馬  名想定R通過順位上りタイム馬体重単勝斤量騎手
1コントレイル牡3119⑧⑦⑧⑥35.602:12.5460(0)1.156.0福永祐一
2ヴェルトライゼンデ牡3118⑭⑭⑮⑯35.402:12.80488(+2)20.356.0池添謙一
3ロバートソンキー牡3114⑫⑫⑬⑩35.702:12.80474(-8)112.756.0伊藤工真
4ディープボンド牡3114②②③③36.402:13.0490(+6)23.556.0和田竜二

条件的にはスタミナが問われた形で、コントレイルにとって苦手な部類のレース質だと思います。

それで楽勝ですから、ここでも役者が違ったと言うことでしょう。

菊花賞でも通常であれば、三冠奪取すると思いま。、馬券は見になりそうです。

しかし、キセキが勝った2017年のようなレース質になれば、コントレイルはパフォーマンスを発揮出来ない思いますので、大勝負したいと思います。

ヴェルトライゼンデはパワー型のレースでパフォーマンスを発揮するタイプと考えています。

今回はスタミナを要求されるレース質でしたが、位置取りにより誤魔化した印象。

菊花賞は良馬場だと対抗候補。

回顧
chottをフォローする
こちら中央競馬ラップタイム研究所 うま寝てす

コメント

タイトルとURLをコピーしました