朝日杯フューチュリティステークス 回顧

高速馬場とイン前有利なトラックバイアスが顕著に現れており、内枠、先行が有利だったと思います。

グレナディアガーズは前走で覚醒していたのと、枠と馬場がフィットしてベスト条件だったと解釈します。高速馬場だったのでマイルをこなしましたが、基本的には1400m以下が守備位置でしょう。

ステラヴェローチェは、重い馬場のレースしか経験がなく、能力、適性を推し量ることが難しく思いましたが、バゴ産駒、稍重より不良馬場でパフォーマンスを上げたことにより、重馬場専用機と決めつけ軽視して失敗しました。ハイペースになり加速力が問われなかった事と、インにスペースがあったことが好走に繋がったと考えます。距離は伸びてパフォーマンスを向上させそうだし、皐月賞まで主役級でしょう。

レッドベルオーブは条件的にはベストに近かったと思いますが、クラシックを見据えて位置を取りに行かなかった事、直線で安全に外に行ったことがマイナスでした。能力的には世代No.1だと思います。

阪神マイルのレコード決着で、フランケル産駒とバゴ産駒が連対するとは、平成の競馬感はもう古いのかな。しかし、2頭ともノーザンファーム生産馬で欧州血統で高速馬場に対応させるノウハウがあるのかもしれません。クロノジェネシスもノーザンファーム生産馬だし、サンデー系、キンカメ系以外で非ノーザンファーム生産馬はまだ疑います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました