中山記念 予想

ポイントは下記

1.Aコース変わりでインの馬場が良いということ。

2.馬場の状態もよく時計も必要となる。

3.コース形態としたはテンはあまり早くならない。マルターズアポジーがいた年は例外。

それらを考えるとアメリカ的な競馬となり、位置取りが非常に重要となる。

まず、逃げ馬のバビットを考えるとスタミナに秀でていてスピードが問われるレースとなると分が悪い。紐まで。

一番人気のヒシイグアスは、適性面は申し分ないが位置取りが少し後ろになりそうで、やや割り引きたい。

1800m巧者のトーセンスーリヤはハイペースでパフォーマンスを上げているように、ここは若干キレ負けしそう。やや割り引きたい。

本命はケイデンスコール。京都金杯のラップはこことリンクしそうで、最高の枠を引き当てた。右回りは不安要素だが、ラップ的には好走しても不思議はない。

予想
chottをフォローする
こちら中央競馬ラップタイム研究所 うま寝てす

コメント

タイトルとURLをコピーしました